DUコダ
Rプラス
インスタグラム facebook お問合せ TEL

ブログ

ホーム > ブログ > 5月 2021
ブログ
今からできる、熱中症対策 広島リフォーム 広島市東区 投稿日:2021年05月31日

おはようございます。

本日広島では予想最高気温28℃!

湿気の少ない気持ちの良い天気です。

ただし、気温が高くなると心配なのが熱中症。

屋外だけでなく、室内でも油断できません。

 

まず対策としておすすめしたいのが、窓に日よけをつけること。

「遮熱カーテンつけてるよ 🙂 」というかたもいらっしゃると思いますが、

窓の外で日差しをカットした方が効果的です。

 

 

今はネットショッピングやホームセンターなどで

簡単にとりつけできるサンシェードがあります。

デザインもたくさんあって、選ぶのが楽しいですよ。

 

そしてエアコンをつけていると、ついつい窓も締め切ってしまいがち。

コロナウイルス感染対策もかねて、換気を心がけましょう。

 

また最も大切なのは、体調管理です。

睡眠不足だと体調を崩しがち。

ぐっすり寝るために、適度に体を動かすと体力もついて一石二鳥!

運動して汗をかいたら、水分補給と塩分補給をお忘れなく!

 

 

 

≪D・Uコダ事務所≫

 

≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

 

 

【自然素材を使ったリフォームならD・Uコダ】 

 

 

 

この記事の投稿者:etsuko

この記事の投稿者:
etsuko
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    梅雨時期、湿気に悩みますね② 広島リフォーム 広島市東区 投稿日:2021年05月27日

    おはようございます。

    今は少し止んでいるようですが、昨晩からの雨すごかったですね。

    夕方からは晴れマークが付いているので回復するようです^^

    さて、先日の続きで「カンタン3つの湿気対策」をご紹介します。

    ①とびらを開放! (キッチン、シンク下、押し入れなど)

    たとえばキッチンは水場もあり、火もあり、室温、湿度ともに変化が激しい場所です。

    中でも、もっとも湿気がこもるのはシンク下。さらに、お湯を使ったり、流したりした場合、排水パイプを通じて熱も伝わるので、カビが生える条件も揃っています。

    シンク下の湿気を防ぐには、ときおり扉を開放して換気すること。

    さらに月に1回ぐらい、収納してあるものを全部出してチェック。

    空気をいれることが大切です。

    ②湿ったものはしまわない。(押し入れ、クローゼットなど)

    湿気がこもりやすい最大の空間は押入れではないでしょうか?

    特に、毎日寝具として使っている布団をしまっている場合は、夜の間に体から出た汗を含んでいるわけで、これでふすまを閉めてしまっては押入の中は湿気で充満してしまいます。

    布団乾燥機を使用するなどして、乾いているものだけしまうことが大切です。

     

    ③空気の通り道を作る 

    湿気がこもり、カビが生えるのは空気の流れが止まっているから。

    こまめにとびらを開いても、棚板にそのままお布団をしまっていると、布団と棚板の間に空気が流れ込むことはありません。
    そこで、押入れにものを収納する前にすのこを敷いておく。

    押入の中でも空気の流れが確保できるので有効です。

    ただ、押し入れのある部屋を閉め切っていては、あまり効果を期待できません。

    天気の良い日なら窓をあけて、風を通す。

    そうでなければ、扇風機やサーキュレータで風の流れを作って、空気をうまく循環させてあげるのが大切です。

    以上、「カンタン3つの湿気対策」でした!

    いかがでしたか?

    ちょっとの心がけで出来そうなことばかり。

    工夫しさわやかに夏を過ごしたいものです。

     

     

     

     

    ≪D・Uコダ事務所≫

     

    ≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

     

    YouTubeもご覧ください!

    「コダチャンネル」

     

     

     

     

    【自然素材を使ったリフォームならD・Uコダ】 

     

     

     

    この記事の投稿者:mizue

    この記事の投稿者:
    mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    梅雨時期、湿気に悩みますね① 広島リフォーム 広島市東区 投稿日:2021年05月25日

    おはようございます。

    先日梅雨に入りましたが、ここ数日はいいお天気が続いていますね。

    このお天気も今週末までだそうで、来週は崩れそうです。

    梅雨に入ると湿気が気になりますよね。

    お家のフローリングが湿っぽい、窓には結露・・・なんてことも。

    放っておけば健康に被害を及ぼす場合もありますし、住まいのあちこちにも影響を与えてしまいます。

    日本は北海道や南の島々を除く大部分は、「温暖湿潤気候」だそうで、もともと年間を通じて湿度が高い国です。

    (ちなみに北海道は「亜寒帯」、沖縄などは「熱帯雨林気候」に属します。)

    6月は湿度も高いけれど、気温も5月より平均して4度以上高くなります(気象庁データ)。
    7月ともなれば、さらに3度以上高くなるので、湿度+温度で何が起こるかといえば・・・カビ。

    カビは見ための不快さだけではなく、胞子を吸い込むことでカビが体内に入り真菌症と言われる病気を発症してしまうこともあるそうです。

    また、梅雨から夏にかけて害虫が活発に活動し始めます。

    以前我が家はこの時期にゲジゲジがお部屋に現れ驚きました・・・。
    一戸建ての場合は他にムカデにも注意したいもの。

    戸外から徘徊して入ってきてしまうので、家の開口部近くに、落ち葉や廃材などをそのままにしておかないことが大事です。

    なるべくなら出会わずに過ごしたい害虫。

    ではどうしたらいいのでしょう?

    カンタン3つの対策法については又近いうちにご紹介いたしますね^^

     

     

    ≪D・Uコダ事務所≫

     

    ≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

     

    YouTubeもご覧ください!

    「コダチャンネル」

     

     

     

     

    【自然素材を使ったリフォームならD・Uコダ】 

     

     

     

    この記事の投稿者:mizue

    この記事の投稿者:
    mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    カレンダー
    2021年10月
    2021年9月
    2021年8月
    2021年7月
    2021年6月
    2021年5月
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
     最近のエントリ
     カテゴリー
    ブログアーカイブ
    コンテンツ
    コンテンツ
    リフォームはこちら
    リフォームはこちら
  • コンセプト
  • 施工事例
  • ブログ
  • イベント
  • お客様の声
  • ムービー
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • セントリコン
  • 採用情報
    faceboook
    インスタグラム
    このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
    エラー: ユーザー 5579828305 のアカウントに接続できません。
    LINK
    LINK
    収納アドバイザー上山広美さんとDUコダがタイアップ!!
    archinet
    広島擁壁.com
    宮本彩の骨格診断・パーソナルコーディネート
    ベターライフリフォーム協会
    資料請求
    R+house 新築の方はこちら
    不動産情報はこちらら
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ