DUコダ
Rプラス
インスタグラム facebook お問合せ TEL

ブログ

ホーム > ブログ > 高気密・高断熱
ブログ
スピード施工、窓リフォームで快適な生活を! 広島リフォーム 投稿日:2019年04月9日
おはようございます!

mizueです。



週末いいお天気でしたね。

お花見に行かれた方も多いのではないでしょうか。

私は府中の空白公園へ行き、桜も満開で暖かいし満喫できました。

遊具や長~いアスレチックもあるので、お子様連れの方にオススメです!





さて、突然ですが高断熱高気密を謳っている弊社。

断熱には窓も大事だよということを以前もブログで書きましたが、

今までの日本の住宅の窓ガラス事情・・・調べでは、単板ガラスが74%を占めているようです。



日本には低断熱なお家がまだまだ多いですね。
こちらのマドリモという商品、何がいいかって壁工事不要で、約2時間~半日で工事が完了するんです。

これなら気軽に始められそうじゃないですか?

(今ある窓枠はそのままで、新しい窓をかぶせます)



しかも室内から施工するので、二階も足場不要で低コスト!

色々な窓に対応できるので、是非気になる方は弊社へご相談くださいね。





その二重窓の嬉しい6つの特徴がこちらです!


①省エネ(エアコンの効きがよくなる)

②結露防止

③防犯(泥棒よけにもなります)

④防音(お子様がいる家庭では助かりますよね)

⑤お手軽取り付け(短時間で可能)

⑥どこでも取り付け(マンションでもOK!)



又詳しくは、近いうちに書かせていただきます♪






人気イベント 第24回 家づくり勉強会を4月14日(日)に開催いたします♪ 

マイホームを建てたいけれど、家づくりに関して、分からないことだらけ・・・

今回の勉強会ではそんなお悩みをお持ちの方々に

家づくりについての知識を持っていただけるようにこんなことをお伝えします!

--------------------------------------

□ やっぱり買うなら消費税増税前のほうが得なの?

□ ハウスメーカーの住宅はなぜ高いのか?

□ 住宅の一部がインターネット注文できるとしたらいくら安くなる?

□ 建築家によるデザイナーズ住宅を安く建てるための方法とは?

□ 使い勝手の悪い素人プランの見分け方

□ 性能を下げずに、価格を下げる方法とは?

□ 3割引で住宅を取得する方法とは? □ お得な土地の見つけ方は?

□ マイホーム購入のタイミング、あなたにとって最適な時期は?

この中の一つでも気になる事があれば是非ご参加ください!

必ずお役に立つ情報をお伝えできます!

ぜひ、本セミナーを受けて夢のマイホーム計画の第一歩踏み出してみませんか?

--------------------------------------

トータル費用を30%もお得にできる方法も聞けますよ 🙂

マイホームを持つ事が夢。

そんな素敵な夢を持っているお客様に(有)D・Uコダは、夢を叶えるサポート・応援

をします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

第24回 賢い家づくり勉強会 イベント情報

□日程 1/14(日) 13:30~16:30(開場13:00)

□場所 R+house広島中央ショールーム(中区民文化センター近く)

    広島市中区住吉町3-13

 

 

※無料の託児室をご用意しておりますので、お子様連れの方もお気軽にご参加ください

お申込みは下のお申込みフォームから送信してください。

    お名前
    *  
    イベント名
    *  
    ご参加人数
    大人:
    *  
    子供:
    *  
    乳児:
    *  
    託児の利用
    *  
    会場までの交通手段
    *  お車電車・バス・タクシー・徒歩その他
    メールアドレス
    *  
    TEL
    *  

    郵便番号
    *  
    都道府県
    *  
    市区町村
    *  
    番地・建物名
    *  
    メッセージ
    上記内容でよろしければチェックを入れてください。


    
    			
    この記事の投稿者:mizue

    この記事の投稿者:
    mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    高気密だと何がいいの? 広島リフォーム 投稿日:2019年03月12日
    おはようございます。
    mizueです。
    
    
    
    弊社は高気密・高断熱を謳っているのですが、
    
    先日ブログに気密性についてを書かせて頂きました。
    そのブログはこちらから♪
    
    
    
    前回C値(=気密度)について書いたのですが、
    今回はその気密度が高いとどんないいことがあるのかを書いていこうと思います。
    
    
    まず気密性とは「どれだけ隙間のない家か」ということですね。
    
    風通しのいい家のほうがいいんじゃないの?と思う方もいるかと思います。
    
    私も少しその考えがよぎりました。
    
    が、調べてみるとどうも違うようです。
    
    
    
    
    
    高気密だと①換気システムが計画的に効率よくながれるようになり、室内の空気環境がよくなるようです。
    
    
    隙間があると、いくら換気扇をつけても上手く換気できていません。
    
    汚染物質がたまってよどんだ場所を作らない為には、
    
    家の隙間はできる限り少なくし換気する必要があります。
    
    
    
    
    
    そして、②冷暖房の効きがよくなり、省エネで部屋の温度を快適に保てるようです。
    
    ご実家など、床が凍るように冷たいお家ってありませんか?
    
    これ、「家の隙間」が理由にあるようです。
    
    暖かい空気は天井の方に溜まりますよね。
    
    隙間の多い家だと、これが家の隙間や屋根から漏れていき、漏れた分だけ床下の隙間から冷たい空気が侵入してきます。
    
    
    とても悪循環・・・。
    
    足元は暖かいお家が絶対にいいですよね。
    
    
    
    
    
    
    そして③断熱性能を助ける効果があるようです。
    
    いくら断熱性を頑張っても、気密性が低いと外からの空気を通してしまうので、
    
    両方兼ね備えていないといけませんね。
    
    例えば寒い日にすごく暖かいニットを着ていても、空気を通すニットだけだと効果は半減です・・・。
    
    
    あと、吹抜けや部屋間での温度差が少なくなり、冬の脱衣室、トイレ、寝室も快適になり、
    
    ヒートショックも防げます。
    
    
    
    
    
    
    そして④壁の中(部屋から見えない部分)の結露を防ぐ効果があるようです。
    
    これ、見えない部分なので怖いですよね。
    
    壁の中や柱にカビが発生しにくく腐らないので、アレルギー対策や家の耐久性も上がります。
    
    
    年中快適な室温で省エネに、そしてきれいな空気の中で安心して生活したいものですね。
    

     

     

     

     

     

    この記事の投稿者:mizue

    この記事の投稿者:
    mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    C値0.2の超気密住宅 広島リフォーム 投稿日:2019年03月5日
    こんにちは。
    
    mizueです。
    
    今ブログを書きながら「ホーホケキョ」と鳴き声が聞こえてきます。
    
    春を感じますね♪
    
    
    
    
    
    
    さて、弊社は高気密・高断熱を謳っていますが、一棟一棟気密検査を行っています。
    
    
    先日会社のグループラインで「〇〇邸、気密検査0.2でした!」というメッセージが流れてきました。
    
    
    
    事務所でみんなですごいね~と話していたのですが、
    
    いつも事務所にいる私はふと、どうやって測定するのだろう・・・と思い調べてみました。
    
    
    
    どうやらこの機械を使って測定するようです。
    
    丸い筒の中に網が見えますが、外とつながっていて、家の中の空気を外に吐き出すようです。
    
    すごい音がしそうですよね。
    
    そして家の中の空気が少なくなっていき圧がかかるので、窓の隙間などからどのくらい風が入ってくるのかを測定するようです。
    
    
    
    
    金物の隙間や窓廻りなどきっちり施工されているかどうか試される、
    
    大工さんにとってはちょっとドキドキな瞬間ですね。
    
    
    
    
    
    
    
    「床面積1㎡辺りの隙間面積=C値」です。
    
    
    0.2と数字を言われてもピンとこないのですが、目安として・・・
    
    C値5.0未満=日本で寒冷地を除く地域の省エネ基準とされてきた数値。
    
    C値2.0未満=日本の寒冷地の省エネ基準であり、高気密住宅というレベルを指すことが多いよう。
    
    C値1.0未満=断熱性のメリットを生かす為のは、この程度の気密性能が望ましい。寒い地域のカナダの省エネ住宅の基準であるR-2000住宅がこのレベル。
    
    C値0.5未満=高断熱・高気密住宅の先駆者の方が、湿度を管理する為には最低でも0.9、できれば0.5という数字を出していました。
    
    夏に除湿し、冬に加湿することができると、とても快適な空間になります。
    
    
    
    
    
    ・・・となると、今回出た0.2って驚異的な数値なのですね。
    
    私が言うのもおかしいのですが(笑)、きちんと数字で出ると自信を持てます!
    
    断熱性ももちろん大事ですが、この気密性も伴っていないとその良さを生かせないということですね。
    
    また近いうちに、高気密だとどんなメリットがあるのかを書きます♪
    
    この記事の投稿者:mizue

    この記事の投稿者:
    mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    コンテンツ
    コンテンツ
    リフォームはこちら
    リフォームはこちら
  • コンセプト
  • 施工事例
  • ブログ
  • イベント
  • お客様の声
  • ムービー
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • セントリコン
  • 採用情報
    faceboook
    インスタグラム
    This error message is only visible to WordPress admins
    Error: There is no connected account for the user 5579828305.
    LINK
    LINK
    収納アドバイザー上山広美さんとDUコダがタイアップ!!
    archinet
    広島擁壁.com
    宮本彩の骨格診断・パーソナルコーディネート
    ベターライフリフォーム協会
    資料請求
    R+house 新築の方はこちら
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ