DUコダ
Rプラス
インスタグラム facebook お問合せ TEL

ブログ

ホーム > ブログ >意外と知らない建物の基礎 広島リフォーム 広島市東区
ブログ
意外と知らない建物の基礎 広島リフォーム 広島市東区 投稿日:2021年12月10日

おはようございます。

こちらは棟上前の工事現場の様子です^^

このコンクリートの中には一面に鉄筋が張り巡らされています。

ここにさらに、基礎断熱といって断熱材を貼りつけ、すき間には発砲ウレタンという断熱材を吹きつけてあり、夏の暑さ、冬の寒さを防いでくれます。

基礎には実は大きく分けて2種類あり、「ベタ基礎」と「布基礎(ぬのきそ)」というものがあります。

「ベタ基礎」とは、立ち上がっている部分と床一面を、鉄筋が入ったコンクリートで一体化しています。

大きな面で家の重みを支えるため、耐震性も強化されます。

また、床一面を厚いコンクリートで覆っているので湿気が建物に伝わりにくく、シロアリの被害も防ぎやすくなります。

写真のものはこちらになりますね。

【メリット】

①耐震性の強化

②湿気に強い

③シロアリを防ぎやすくなる

一方「布基礎」ですが、一見すると床もコンクリートで覆われているので、ベタ基礎と同じように見えます。

ただ、中に入っている鉄筋は立ち上がり部分のみなので、面で建物を支えるベタ基礎に対し、布基礎は点で支えるイメージになります。

立ち上がり部分以外は、地面の上に防水シートを敷いてその上にコンクリートを流し込みます。

ただしそのコンクリートの厚さは、ベタ基礎が15cm程なのに対し、布基礎は5㎝程になります。

【メリット】

①ベタ基礎に対してコンクリートと鉄筋の使用量が少なくなる為、コストを抑えやすい

コダではほとんどがベタ基礎です。

見えない部分だけど生活に大きく関わる大事な部分です^^

ながく住むお家だからこそ、しっかり知識を付けて選びたいですね。

≪D・Uコダ事務所≫

≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

YouTubeもご覧ください!

「コダチャンネル」

リフォーム施工例はこちら

【自然素材を使ったリフォームならD・Uコダ】 

この記事の投稿者:mizue

この記事の投稿者:
mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    カレンダー
    2022年1月
    2021年12月
    2021年11月
    2021年10月
    2021年9月
    2021年8月
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
     最近のエントリ
     カテゴリー
    ブログアーカイブ
    コンテンツ
    コンテンツ
    リフォームはこちら
    リフォームはこちら
  • コンセプト
  • 施工事例
  • ブログ
  • イベント
  • お客様の声
  • ムービー
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • セントリコン
  • 採用情報
    faceboook
    LINK
    LINK
    収納アドバイザー上山広美さんとDUコダがタイアップ!!
    archinet
    広島擁壁.com
    宮本彩の骨格診断・パーソナルコーディネート
    ベターライフリフォーム協会
    資料請求
    新築の方はこちら
    不動産情報はこちらら
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ