DUコダ
Rプラス
インスタグラム facebook お問合せ TEL

ブログ

ホーム > ブログ >無垢材の床のお手入れ 広島リフォーム 広島市東区
ブログ
無垢材の床のお手入れ 広島リフォーム 広島市東区 投稿日:2021年06月8日

おはようございます。

今日は無垢材の床についてお話しします^^

弊社で建てたお家も、また、事務所の床も無垢材がほとんどです。

まず無垢材とは、丸太から切り取ったままの自然な状態の木材を指します。

集成材などの加工した木材にはない風合いや温かみが人気です。

この無垢材、湿気を吸収したり、放出したりするのです。

よって膨らんだり縮んだりするので、貼る際に名刺程度の隙間を開けて並べていきます。

隙間なく敷き詰めてしまうと押し合ってしまい木が変形してしまうのです。

水が苦手なので、毎日のお手入れは柔らかい布で乾拭きがいいでしょう。

冬場は板と板の間に隙間ができ、ごみが溜まりやすいので掃除機で吸うことをオススメします。

又、万が一床に水をこぼしてしまった場合は、すぐに乾いた布で拭きとりましょう!

それでもシミや汚れが取れない場合は、細かい目のサンドペーパーで軽く削ります。
オイル塗装の床の場合は、その上から再度塗装をします。
無塗装の場合は、更に細かい目のサンドペーパーで仕上げをすると、きれいに仕上がります。

ひと手間ですが、年に一度ワックスを塗ってお手入れすると、表面が保護され、よりきれいな状態が保てます。

ワックスを塗る際の注意点として、まず汚れをしっかり取り除いてから、少しずつオイルをつけてワックスがけをすることです。

一気にやってしまうとシミになることがあるのでご注意ください。

一年に一度のイベントとしておくと、子ども達も一緒に楽しんでお手伝いしてくれそうですよね^^

汚れたら終わりでなく、いつでも新品同様にきれいになるところも無垢材の魅力のひとつです。

 

≪D・Uコダ事務所≫

≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

YouTubeもご覧ください!

「コダチャンネル」

【自然素材を使ったリフォームならD・Uコダ】 

この記事の投稿者:mizue

この記事の投稿者:
mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    カレンダー
    2022年1月
    2021年12月
    2021年11月
    2021年10月
    2021年9月
    2021年8月
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
     最近のエントリ
     カテゴリー
    ブログアーカイブ
    コンテンツ
    コンテンツ
    リフォームはこちら
    リフォームはこちら
  • コンセプト
  • 施工事例
  • ブログ
  • イベント
  • お客様の声
  • ムービー
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • セントリコン
  • 採用情報
    faceboook
    LINK
    LINK
    収納アドバイザー上山広美さんとDUコダがタイアップ!!
    archinet
    広島擁壁.com
    宮本彩の骨格診断・パーソナルコーディネート
    ベターライフリフォーム協会
    資料請求
    新築の方はこちら
    不動産情報はこちらら
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ