標準仕様 和らぎの家

体に優しい家づくり

mct_img_photo00
 

無垢フローリング材とは

合板や集成材でははく、使用する形状で丸太から切り出した木材です。

 

天然木本来の風合いを持ち、素足が気持ちよく、保温・断熱・防露・調湿・遮音・脱臭など、多くの機能をもち、心地よい空間を作ります。

無垢フローリング材とは
 

珪藻土とは

藻類(プランクトン)の死骸が、海底や湖底に長年にわたって堆積してできた粘土状の泥土で、保湿・断熱・防露・調湿・遮音・脱臭などの機能をもち、古くからコンロ・耐火れんがの原料や、ビールの濾過材・吸着材・脱臭材などとして幅広く利用されてきました。

 
効果-調湿性、結露防止、防火性、断熱性、脱臭性、ホルムアルデヒド吸着・分解

D・Uコダでは『北のやすらぎ』を採用しています。

一般的な珪藻土に比べ微細な細孔による球状の微粒で構成されていて、3倍以上の吸放湿機能を発揮します。

珪藻土
 

和紙壁紙とは

和紙壁紙はケナフ、木材パルプ、三椏、雁皮、楮、竹等の自然素材で作られています。

その独特の風合いだけでなく、機能面においても優れた性質を持っています。

ビニールクロスにはない植物繊維ならではの性質や、繊維の絡み方による表面の凹凸から生み出されるものです。

 
効果-調湿性、調光、保湿、吸音

木材と同じく、呼吸をしているため、湿気を吸収し、乾燥時は湿気を放出します。

無作為に並んだ繊維が光を乱反射させるため、照明や日光もやわらかく感じます。

光同様、音も分散・乱反射するので、やわらかい音になり、部屋からもれる音も軽減できます。

和紙は、洋紙に比べ繊維の隙間が大きい為、保温効果も抜群です。

和紙壁紙イメージ
 

和ら換気システムとは

夏場の建物が得る熱量の80%は屋根からの太陽熱からというデータがあります。

夏に屋根の中にこもった熱気を強制的に流し、熱気を屋根から出すことにより、エアコンの使用量も減り自然に涼しく暮らせます。

効果-屋根裏換気、エアコン使用量減、ECO
 

”今あるお家の屋根裏に『和ら換気』を導入すると・・・”

 

屋根の熱気を減らすことにより、家全体が涼しくなる。

 

窓を開けて、風が流れる健康的なスタイル

 

エアコンの使用量が減る!

 

電気代削減&健康的でECO!!

とても暑くてエアコンをつける場合

 

屋根にこもった熱気は「和ら換気」で外へ出る。

 

エアコンの負担が少なくなり、電気代が安くなる!

水も空気も滞れば腐ります。屋根の空気、部屋の空気が

しっかり流れれば、家も当然長持ちします。

”和ら換気システムは、設計した住宅やビルなど30年前から実践してきました。”

夜勤があり、今年の猛暑で眠れないという相談を受け、和ら換気を施工したところ大喜びで、
「なぜこんなに良い事を普及させないのです?」
とのお言葉を頂き、それならやってみよう!と、商品化しました。
和ら換気システムを導入すれば
みなさんのエアコンの使用量が減り、 自然に涼しく暮らしていける。
この素晴らしいシステムをぜひ体感してください。

 

(有)アーキネット 一級建築士 小林和由

『和ら換気システム』のみの施工も承っています!!

『和ら換気システム』についてのお問い合わせや ご質問はこちらからお気軽にどうぞ
 
 
このサイトを広める