ブログ

ホーム > ブログ > 高気密・高断熱
ブログ
高気密だと何がいいの? 広島リフォーム 投稿日:2019年03月12日
おはようございます。
mizueです。



弊社は高気密・高断熱を謳っているのですが、

先日ブログに気密性についてを書かせて頂きました。
そのブログはこちらから♪



前回C値(=気密度)について書いたのですが、
今回はその気密度が高いとどんないいことがあるのかを書いていこうと思います。


まず気密性とは「どれだけ隙間のない家か」ということですね。

風通しのいい家のほうがいいんじゃないの?と思う方もいるかと思います。

私も少しその考えがよぎりました。

が、調べてみるとどうも違うようです。





高気密だと①換気システムが計画的に効率よくながれるようになり、室内の空気環境がよくなるようです。


隙間があると、いくら換気扇をつけても上手く換気できていません。

汚染物質がたまってよどんだ場所を作らない為には、

家の隙間はできる限り少なくし換気する必要があります。





そして、②冷暖房の効きがよくなり、省エネで部屋の温度を快適に保てるようです。

ご実家など、床が凍るように冷たいお家ってありませんか?

これ、「家の隙間」が理由にあるようです。

暖かい空気は天井の方に溜まりますよね。

隙間の多い家だと、これが家の隙間や屋根から漏れていき、漏れた分だけ床下の隙間から冷たい空気が侵入してきます。


とても悪循環・・・。

足元は暖かいお家が絶対にいいですよね。






そして③断熱性能を助ける効果があるようです。

いくら断熱性を頑張っても、気密性が低いと外からの空気を通してしまうので、

両方兼ね備えていないといけませんね。

例えば寒い日にすごく暖かいニットを着ていても、空気を通すニットだけだと効果は半減です・・・。


あと、吹抜けや部屋間での温度差が少なくなり、冬の脱衣室、トイレ、寝室も快適になり、

ヒートショックも防げます。






そして④壁の中(部屋から見えない部分)の結露を防ぐ効果があるようです。

これ、見えない部分なので怖いですよね。

壁の中や柱にカビが発生しにくく腐らないので、アレルギー対策や家の耐久性も上がります。


年中快適な室温で省エネに、そしてきれいな空気の中で安心して生活したいものですね。

 

 

 

 

 

mizue この記事の投稿者:mizue
mizue
この記事の投稿者:
mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    C値0.2の超気密住宅 広島リフォーム 投稿日:2019年03月5日
    こんにちは。
    
    mizueです。
    
    今ブログを書きながら「ホーホケキョ」と鳴き声が聞こえてきます。
    
    春を感じますね♪
    
    
    
    
    
    
    さて、弊社は高気密・高断熱を謳っていますが、一棟一棟気密検査を行っています。
    
    
    先日会社のグループラインで「〇〇邸、気密検査0.2でした!」というメッセージが流れてきました。
    
    
    
    事務所でみんなですごいね~と話していたのですが、
    
    いつも事務所にいる私はふと、どうやって測定するのだろう・・・と思い調べてみました。
    
    
    
    どうやらこの機械を使って測定するようです。
    
    丸い筒の中に網が見えますが、外とつながっていて、家の中の空気を外に吐き出すようです。
    
    すごい音がしそうですよね。
    
    そして家の中の空気が少なくなっていき圧がかかるので、窓の隙間などからどのくらい風が入ってくるのかを測定するようです。
    
    
    
    
    金物の隙間や窓廻りなどきっちり施工されているかどうか試される、
    
    大工さんにとってはちょっとドキドキな瞬間ですね。
    
    
    
    
    
    
    
    「床面積1㎡辺りの隙間面積=C値」です。
    
    
    0.2と数字を言われてもピンとこないのですが、目安として・・・
    
    C値5.0未満=日本で寒冷地を除く地域の省エネ基準とされてきた数値。
    
    C値2.0未満=日本の寒冷地の省エネ基準であり、高気密住宅というレベルを指すことが多いよう。
    
    C値1.0未満=断熱性のメリットを生かす為のは、この程度の気密性能が望ましい。寒い地域のカナダの省エネ住宅の基準であるR-2000住宅がこのレベル。
    
    C値0.5未満=高断熱・高気密住宅の先駆者の方が、湿度を管理する為には最低でも0.9、できれば0.5という数字を出していました。
    
    夏に除湿し、冬に加湿することができると、とても快適な空間になります。
    
    
    
    
    
    ・・・となると、今回出た0.2って驚異的な数値なのですね。
    
    私が言うのもおかしいのですが(笑)、きちんと数字で出ると自信を持てます!
    
    断熱性ももちろん大事ですが、この気密性も伴っていないとその良さを生かせないということですね。
    
    また近いうちに、高気密だとどんなメリットがあるのかを書きます♪
    
    mizue この記事の投稿者:mizue
    mizue
    この記事の投稿者:
    mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    改装施工事例。高断熱・高気密で暖かいお部屋♪ 広島リフォーム 投稿日:2019年01月18日

    おはようございます!

    mizueです。

    今日はぽかぽか日が差していて明るい事務所です♪

    さて、今日は改装した社長と啓子さんのご自宅をご紹介。

    いつも「どうぞどうぞ~」と自宅も二つ返事で上がらせて下さる啓子さん。

    この時も突然だったんですが、ブログに掲載も快くOKいただきまして。

    我が家ならこうはいかないな~といつも感心しています(笑)

    さて改装したお部屋がこちら。

    素敵です・・・そしてご本人談、すごく暖かいそうです!

    今回、断熱にこだわって改装したそうで、他の部屋と暖かさが格段に違うとのこと。

    壁紙もちらっと見えていますが、斜めに切り替えてありかわいかったです^^

    将来子供部屋になるそうで、娘さんが選んだみたいです♡


    皆さんもこんな改装いかがですか?

    お部屋もきれいに、そして暖かく心地よい暮らしを手に入れませんか?

    mizue この記事の投稿者:mizue
    mizue
    この記事の投稿者:
    mizue
  • コンセプト
  • リフォーム
  • 施工事例
  • お問合せ
  • ページ先頭へ
    コンテンツ
    コンテンツ
    リフォームはこちら
    リフォームはこちら
  • コンセプト
  • 施工事例
  • ブログ
  • イベント
  • お客様の声
  • ムービー
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • セントリコン
  • faceboook
    LINK
    LINK
    収納アドバイザー上山広美さんとDUコダがタイアップ!!
    archinet
    広島擁壁.com
    宮本彩の骨格診断・パーソナルコーディネート
    資料請求
    R+house 新築の方はこちら
    お問合せ・資料請求
    ページトップへ