スタッフブログ

水道管凍結防止

こんにちは 😀 

 

 

今週末広島に今期最大の大寒波がやってくるということで、広島でも水道管の凍結に注意しなければいけないですね 😯 

 

 

 

duコダ 水道管 凍結 防止 寒い冬

 

 

広島南部に住む私は水道管の凍結対策なんて考えたこともありませんでしたが、調べてみたので皆様も是非参考にしてみてください 💡 

 

 

*******************

 

水道管の凍結が起こる条件は、外気温がマイナス4度以下になった時です。

 

 

雪が降るのは上空の温度がマイナス6度以下・地上の気温が3度以下の時なので、雪が降っていれば必ず水道管の凍結が起こるというわけではありません。

 

 

雪が解けずに残るということは気温が氷点下に近いということなので、油断していると水道管が凍結してしまうことになりかねません。

 

 

水は液体から固体になると体積が増える性質の為水道管が凍結によって破裂してしまうことがあります。

 

 

こうなってしまうと水道管工事をしなくてはいけなくなります・・・

 

 

 

 

 

そうならない為に・・・

 

 

一番簡単な方法は少量の水を流しっぱなしにする

 

 

川や海は冬になっても一部しか凍りつきません。

 

 

このように、動いている水は氷点下になっても凍りにくい性質があります。

 

この性質を利用して、蛇口から細く水が流れるようにすれば水道管の凍結を防止することが出来ます。

 

ただし、水を流しっぱなしにするのでその分だけ水道代が掛かる上に、流しっぱなしに出来ないトイレの水道管の凍結を防げないというデメリットがあります。

 

 

 

 

 

水道管を保温する

 

 

水道管の保温も効果的な対策です。

 

 

水道管を冷やさないようにすることで、気温が氷点下になっても凍結することはありません。

 

 

主に、蛇口・水道メーター・給湯器の水道管が凍りやすいです。

 

 

そのような箇所は、タオルで巻いて保温する対策がおすすめです。

 

 

タオルで巻くだけでも、外気を遮断できるので、しっかりと保温できます。

 

 

室内であれば、シンク下の水道管などは、扉を開けて暖房の温かい空気が入り込むようにすることで保温できます。

 

 

また、凍結防止用のアイテムも色々とあり、そのようなグッズで保温対策してみるのも効果的です。

 

 

水道のトラブルは生活に直結してきますので、皆様しっかり対策をしておきましょう 😉 

 

 

 

noriko

 

 

 

*******************

ただ今(有)D・Uコダの標準仕様

『和らぎの家(~生活を愉しむ人へ~)』

安佐南区西原9丁目アルコバレーノ分譲街区にて

全4棟絶賛分譲中

↓↓↓↓↓

☆全3棟絶賛分譲中☆

詳細はこちら→☆クリック☆

西原C棟 広々LDK 吹き抜け 床無垢材 壁珪藻土 階段収納 古材 見梁 天窓 トップライト 対面キッチン 広島市 注文住宅 duコダ 店舗デザイン 広島 リフォーム 新築 事例 デザイン 施工 施工事例 健康住宅 デザイン会社 家造り 自然住宅 分譲住宅 住宅リフォーム 広島市東区 自然志向

広島市安佐南区西原9-15-7

土・日オープンハウス開催中~

AM10:00~PM5:00*

******************

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトを広める